« アベノン28㎜広角レンズの1982年らしさ | トップページ

2014/06/29

M-Rokkor 28mm f2.8

0626_2

レンズ Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 カメラ LEICA M9
(写真をクリックすると、写真を拡大してみることができます。)

まさかLEICA好きになるとは思いも寄らなかった今から29年も前の1985年、入手しましたのが、 MINOLTA M-ROKKOR 28mm f2.8です。よく活躍してくれました、ぼくの行くところ、夏に、冬にいつも一緒でした。
だいたい当時、28㎜という広角は非常にレアで、いちどに、あまりピントにも注意しないで撮影ができ、自分の見た目通りに撮影ができるということを初めて知りました。
あまりにも親しみがわいているレンズで、2014年の今を撮影してみると、なんだか80年代に舞い戻ったような懐かしさが撮影した写真が滲みあふれてきます。
80年代にシャープだと思っていた写真は幾分、すこし甘めで、それでも、精一杯ピントのよさを発揮し、い写真の中にいろいろな表情を遺していてくれるような。

06292_3

喧噪が聞こえる新宿西口の飲み屋さん このけばけばしさこそ、まさにアジア的な雰囲気をとらえていると思います。レンズ Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 カメラ LEICA M9 ISO250 1/45秒 F4.8で撮影。

06291

下北沢駅南口その① 新規開店の肉汁餃子の飲み屋さん 電灯光がまばゆいです。レンズ Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 カメラ LEICA M9 ISO400 1/30秒 f5.6で撮影。

06295_2jpg

下北沢駅南口その② カフェとアクセサリーの店をのぞいてみました。なかのディテールまではっきりととらえています。レンズ Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 カメラ LEICA M9 
ISO2000 1/30秒 f4で撮影。

06291_2

井の頭線渋谷駅ホームにて なんだか懐かしい雰囲気のトーン。
レンズ Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 カメラ LEICA M9
ISO400 1/30秒 f4で撮影。

06292_2

小田急線新宿駅ホームにて 夕方のざわめきが聞こえてくるような。レンズ Minolta M-Rokkor 28mm f2.8 カメラ LEICA M9 ISO400 1/45秒 f4で撮影。

MINOLTA M-ROKKOR 28mm f2.8  1981年製造 製造番号 1006053です。ミノルタが、LEICAを造っていたLEITZ社とコラボレートしていたころに、規格され、1981年にコラボが解消された直後に、TTL測光方式のオートのミノルタCLEカメラのレンズと企画されました。もちろん、当時LEICAを買うなんて相当に夢のまた夢で、当時 MINOLTA CLEがLEICAのMマウントだというとがうれしくて、思わず入手しました。それでも高価で、28mmは当時54,000円 MINOLTA CLEと、28㎜ 40㎜ 90㎜の3本のレンズとともに、新宿3丁目駅付近のカメラ店のショーウインドーで27万円でした。ボクのなじみのカメラとレンズです。

0629cle

写真はMinolta CLE M-ROKKOR 90㎜f4(左)、28㎜ f2.8(中央) 、40㎜ f2.8
(右)です。

« アベノン28㎜広角レンズの1982年らしさ | トップページ

コメント

島二郎様 コメントどうもありがとうございました。励みになります。

当時ライツミノルタもミノルタCLEも知っては居ましたが,縁無き衆生でした.
いま思えば,買っときゃ佳かったかな…と

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82460/59895339

この記事へのトラックバック一覧です: M-Rokkor 28mm f2.8:

« アベノン28㎜広角レンズの1982年らしさ | トップページ

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ