« 小津映画を彷彿とさせるAgfaゾリナー50ミリ | トップページ | 66年前のNikon広角レンズ その2 »

2014/05/25

66年前のNikon広角レンズ

0525nikon35mm

(写真をクリックすると拡大することができます)

きょうのレンズは、Nikonです。ぼくは、Nikonは敬して遠ざけてきた存在であり、このレンズで初めて、Nikonの威力を改めて知りました。レンズは、W-NIKKOR・C 1:3.5
f=3.5cm No.440587です。

0522nikon_honban1

2014年5月22日夕刻 カメラLEICA M9 レンズ Nippon Kogaku W-NIKKOR 35mm 絞り3.5 1/8秒 ISO160

夜の帳が降りる少し前、店を開けたばかりの九段下のお鮨屋さんです。しっとりとした雰囲気の店内から漏れてくる電灯光。Nikonが戦後すぐ1948(昭和23)年に、出した広角レンズ、広角レンズなので、型番の冒頭に「W」末尾に当時まだ珍しかった「C」がついています。
 このレンズは、もともと1939(昭和14)年に逓信省の電話通信回数測定装置のために設計された広角レンズが元になっています。Nikonといえば、戦艦大和の測距儀を製作した光学メーカーですが、戦後になると、民生用に転用された技術が実を結んでいきます。
とても60年も前のレンズとは思えないしっとり感があります。

撮影の日は、午後、突然の驟雨が何度も降る天候でしたが、雲の動きもとても早く、大きな雲が出ていました。

0522nikon_honban2

2014年5月22日夕刻 カメラLEICA M9 レンズ Nippon Kogaku W-NIKKOR35mm 絞り5.6 1/45秒 ISO160

0522nikon_honban3

2014年5月22日夕刻 カメラLEICA M9 レンズ Nippon Kogaku W-NIKKOR35mm 1/750秒 絞り5.6 ISO160

強いて言うならコントラスト感が、今のレンズに比べると強すぎで、写真手前のビルの影の部分はかなりアンダーになっています。画面の中で露出が同じような光には、Nikonはくっきりとした写真を結ぶような気がしています。

W-NIKKOR・C 1:3.5 f=3.5cm No.440587
1948年発表 おそらく1954年5月の87番目の製造ではないかと推測されます。
1951年 19,500円で発売(現在の価格換算で178,605円日銀消費者物価指数による)されました。
(ぼくは、このレンズを、2014年4月5日に、ヤフオク 大阪から50,100円で入手)

0525_nikon2

2014年5月25日 カメラFUJIFILM X-T1 55mm 絞り20 1/4秒 ISO3200

装着したレンズフードは、純正ではなく、「YAMA」製作です。フィルター径34.5㎜ねじに装着Sでき、2分割の構造で、アダプターとフードからできていて、間にフィルター径40.5㎜が挟み込みできます。(ヤフオクで7000円で入手)

« 小津映画を彷彿とさせるAgfaゾリナー50ミリ | トップページ | 66年前のNikon広角レンズ その2 »

コメント

J.SHIMAさま コメントありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。買い物小僧拝

高校時代,35mm f2.8 1個きりでずっと撮ってました。
当時一番安いlensだったので。
いまだにあの頃のパースペクティブが身に付いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82460/59700626

この記事へのトラックバック一覧です: 66年前のNikon広角レンズ:

« 小津映画を彷彿とさせるAgfaゾリナー50ミリ | トップページ | 66年前のNikon広角レンズ その2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ