« 世界初のズームレンズフォクトレンダー36−82㎜ | トップページ | スイスALPAの美しいレンズ マクロスイター50㎜f1.8 その1 »

2014/05/10

世界初のズームレンズフォクトレンダー36-82mmその2

Zoomarは、1959年製造の当時としては、世界初のスチール写真用のズームレンズです。といっても製造したのは、アメリカニューヨークのZoomar社でした。オーストリア出身のFrank G Back博士が設計して、フォクトレンダーにOEM(original equipment manufacturer)供給したものなので、ヨーロッパ、アメリカで設計され作られ、ヨーロッパで売られたレンズです。

0507_3

撮影してみてわかったのは、周辺部に、ときどきにじみが現れます。また、ピント合わせには、かなり厳しいです。城の石垣のエッジがにじんでいるし、バックの緑もにじんでいます。しかし、くっきりとした石垣の圧倒的な存在感は凄いと思いました。
写真は、2014年5月7日夕方18時頃の、東京・北の丸公園 江戸城の石垣です。カメラ:FUJI X-T1 レンズ:フォクトレンダー ズーマー36−82㎜(35㎜換算123mmで撮影)ISO400 f2.8 140分の1秒

05071_2

この2枚は、ぼくの好きな旧近衛師団司令部です。こちらは、なにか、古い写真をみているような風合いがあると思っています。1枚は、36㎜、もう1枚は82㎜で撮影してみました。
カメラ:FUJI X-T1 レンズ:フォクトレンンダー ズーマー36-82mm(35㎜換算123mmで撮影)ISO400 f2.8 140分の1秒

05072_2

ぼくは、このレンズを、神戸からヤフオク(2014年4月8日に57,000円)で購入しましたが、大きな革製のレンズケースが付いていました。表にPSA(PHOTOGRAPHIC SOCIETY OF AMERICA)のマークが付いていました。PSAは1934年創立のプロ・アマ問わずの由緒あるカメラクラブです。

0510photographic_society_member_2

フォクトレンダー(Voigtländer)は、もともとは1756年創業の世界最古の光学機器メーカーとして知られ、オペラグラスを作っていました。1841年からカメラの製造を開始、1950年代はヨーロッパを代表する光学機器メーカーの一つでしたが、1969年にカールツァイス財団、1971年にローライにブランドは譲渡されるという運命をたどり、流転の末、 現在は、なんと、日本のコシナがライセンスを得て生産してくれています。

(マウントアダプター RAYQUAL DKL-M42 32,790円、近代インターナショナル M42-LM 23,100円、KIPON L/M-FX12,960円で購入)

0510_2


« 世界初のズームレンズフォクトレンダー36−82㎜ | トップページ | スイスALPAの美しいレンズ マクロスイター50㎜f1.8 その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82460/59615937

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初のズームレンズフォクトレンダー36-82mmその2:

« 世界初のズームレンズフォクトレンダー36−82㎜ | トップページ | スイスALPAの美しいレンズ マクロスイター50㎜f1.8 その1 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ