« ミラーレス・デジタル・カメラにCマウントのオールドレンズ! その1 | トップページ | ミラーレス・デジタル・カメラにCマウントのオールドレンズ!その3 »

2014/04/26

ミラーレス・デジタル・カメラにCマウントのオールドレンズ! その2

富士フイルムX-Pro1+マウントアダプター+Cマウント・シネレンズ

0420pro1c_3

富士フイルムX-Pro1プラス Cマウント シネ・オールドレンズで、さっそく、試し撮りをしてみました。

これが、また、別の問題に直面するとは・・・
Xpro1_kodak251_3
Xpro1_kodak252_3
写真はFUJIFILM X-Pro1 Kodak Cineエクター25mm

最初見た写真に唖然としました。
なんと、潜望鏡のようなまん丸い写真!
これは、X-Pro1 Kodakで撮影した写真です。もうびっくりです。
画面で、もうおわかりのように、周囲が、丸く、蹴られてしまいます。
調べてみると、これは、もともとのCマウントレンズが小さいために、センサー上すべてには、レンズ画像を結ばないのです。
Xpro1_original_3
ちなみに、FUJIの純正レンズFUJINON ASPHERICAL LENS SUPER EBC f=
35mm 1;1.4で同じ藤の花を撮影しました。X-Pro1とのコンビネーションで、美事な藤の写真になっていました。そうすると、別に純正を使えばいいんじゃないの?
そこで、レンズで、蹴られた部分を、あとで、カットして使うことになります。

下の2枚は、これを、あとで、トリミングした写真です。藤の花が、ハレーションを起こして露出オーバーになっています。しかし、井の頭線の電車では、オールドレンズらしい、渋い味わいが少しですが出ていると思うのですがいかがでしょうか?
Xpro1_kodak_trim_3
Xpro1_kodak_trim2_3
X-Pro1 Kodak Cine エクター25mmで撮影。

ここまでの結論 FUJIFILM X-Pro1 Kodak Cineエクター25mm
焦点距離は、だいぶ、普通状態に近い状態で、使えるのですが、周囲が蹴られたり、まん丸くなったり。これを百も承知で撮影しなければいけないということになります。

« ミラーレス・デジタル・カメラにCマウントのオールドレンズ! その1 | トップページ | ミラーレス・デジタル・カメラにCマウントのオールドレンズ!その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82460/59531672

この記事へのトラックバック一覧です: ミラーレス・デジタル・カメラにCマウントのオールドレンズ! その2:

« ミラーレス・デジタル・カメラにCマウントのオールドレンズ! その1 | トップページ | ミラーレス・デジタル・カメラにCマウントのオールドレンズ!その3 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ