フォト

最近のトラックバック

« 神保町の釜スープカレーうどん | トップページ | ほんとに簡単なミネストローネスープ »

2011/01/09

目移りする旅館の正月料理です。

Simodatyoshoku0101_6
  1月1日お正月最初の朝食です。

温泉旅館の正月料理です。
12月31日から1月2日までの、下田ビューホテルのメニューです。温泉ホテルのお料理込みのお値段内の料理は、
多数のお客のために、いっぺんに作ったようです。やはり見栄えが大切なのでしょう。
これだけの量だと、迷い箸にどんどんなってしまいます。
9品以上の料理がほんの少し筒ですが居並び、正月を演出してくれるのです。
これだけ品数が多いと、まさに、迷い箸になってしまうのですが、ちょっとづつで、
お腹はいっぱいになる量です。

初日31日
夕食膳で目立つのは、先付け、海鮮鍋など9品が並び、目玉は金目鯛の唐揚げ、舟盛りに伊勢エビ、金目鯛の寄せ鍋 鮑(あわび)
ホタテのウニソース
 1日の朝
朝から小さなお刺身、金目鯛の煮付け、おせちの定番の黒豆、数の子、きんとんなどが並び、
焼き餅、里芋、牛蒡の入ったすまし汁のお雑煮です。焼いた白身魚の寄せ鍋に茶碗蒸しが
付きました。
 1日の晩
金目鯛のしゃぶしゃぶ、魚や煮貝のちょっとした先付けに、伊勢エビのコキール、魚の煮付け、飛竜頭の胡麻ソース、
蛸(タコ)の山葵(わさび)漬け、それになんと、牛ステーキとサラダまでありました。

 2日の朝
おせちではなく、通常の朝食朝から鮪(まぐろ)の山かけ、鰺(あじ)の焼干物、蒲鉾、飛竜頭のみぞれ和え、
新鮮なシラス干し、焼き海苔に厚焼き卵。

要は見栄えがいいこと。満員のお客向けに、見栄えはいいのですが、
いちどきに調理しているので、正直なところ、印象的な料理は残念ながらありませんでした。
こういう正月料理をいただいたことは初めてでしたので、
見栄えを楽しむ、迷いを楽しむというところでしょうか?
Simoda1231yushoku_3
  12月31日の夕食です。
Simodayushoku0101_4
  1月1日の夕食です。
Simoda0102tyoshoku_3
  1月2日の朝食です。通常の料理になっていました。


« 神保町の釜スープカレーうどん | トップページ | ほんとに簡単なミネストローネスープ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82460/50532917

この記事へのトラックバック一覧です: 目移りする旅館の正月料理です。:

« 神保町の釜スープカレーうどん | トップページ | ほんとに簡単なミネストローネスープ »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ