フォト

最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/27

ヴィヴァルディとロッシーニが好きになった

250pxantonio_vivaldi
アントン・ヴィヴァルディ(1678-1741 イタリア・ヴェネチア生まれ)
250pxrossini1
ジョアキーノ・ロッシーニ(1792-1968 イタリア・ペーザロ生まれ)


東響メンバーの弦楽アンサンブルのお正月松の内のコンサート(
で、イタリアの生んだ二人の作曲家 ヴィヴァルディとロッシーニの音楽を同じ演奏会で聴く機会がありました。
ヴィヴァルディは、「調和の霊感」(4つのヴァイオリンとチェロのための協奏曲と2つのヴァイオリンとチェロのための協奏曲)
ロッシーニは、「チェロとコントラバスのための二重奏曲」でした。
生まれた年でいえば、ヴィヴァルディの方が、114年も年上です。
しかし、なにかとても引っかかる共通点のようなものがある気がしてきました。
ピュアで、どこまでも澄み切った秋の青空のような音、けれんみの全くない「憧れ」を音にしたような、短調のフレズでさえも、
気持ちが暗くなるということはなく、常に明るさがキープされ、夜のしじまの中での明かりのように、方向を示してくれる探照灯のような。

共通しているのは、音楽のもつ「思い切りのよさ」とでもいったらよいのか?この二人のイタリア人作曲家の作った音楽には、
いつも明るさがあって、さわやかそのものだが、それは、イタリア人のいつも明るい振る舞いと共通しているような。
イタリア語の先生に聞いたことがあります。「イタリア人だったいつも明るいわけではない。しかし、ほんのつかの間の
休憩時に、どこか明るいことをみつけて話した方がよいではないか?」 つまりは、あの明るさというのは、一種のホスピタリティでもあるらしいのです。

一方、ぼくはヴィヴァルディの音楽のどれほどを好んで聴いてきただろう?たぶん、有名な「和声と創意へののこころみ四季」に代表する
とてもライトな音楽としてしかとらえていなかったようで、それがまことにもったいないような気がしてきたのです。
さらに、ロッシーニは、レンブラント工房のように、多くのアシスタントを起用して、オペラを量産した。
しかし、あのわくわくどきどきする源である、ロッシーニクレッシェンドは、ロッシーニの真骨頂だ。
だんだんと大きくなっていく、一度にではなく徐々に徐々に音楽が盛り上がっていくときの独特の高揚は
ロッシーニならではです。

ヴィヴァルディにしても、ロッシーニにしても、聴き手として、もう少し聴き込んでいくことが必要なのでしょう。


アントニオ・ヴィヴァルディ(1678-1741)ヴェネチア出身でサンマルコ寺院のオーケストラ
の一員でもあり25歳からはピエタ慈善院付属音楽院の司祭もつとめている。
一方、ジョアキーノ・ロッシーニ(1792-1868)は、ペーザロの生まれで18歳でオペラ作曲家として
デビューし、44歳で音楽会を引退し、亡くなる76歳まで、32年間もボローニャやフィレンツェで、美食中心の隠遁生活を送った。

聴いた曲 
Italia
ヴィヴァルディ 協奏曲集調和の霊感 作品3 演奏 イタリア合奏団 
1988年6月27日、イタリア・コンタリーニ宮殿での録音
Photo

ロッシーニ:チェロとコントラバスのための二重奏曲
デュオ・ディ・バッソ


アントニオ・ヴィヴァルディのページ

ジョアキーノ・ロッシーニのページ

チェロとコントラバスのための二重奏曲_(ロッシーニ)

2011/01/21

ブラームスのピアノ4重奏曲のオケ版は面白いです!

ブラームスのピアノ四重奏曲のシェーンベルク編曲オーケストラ版を聴きました。この曲との出会いは、いつも一体何を言いたいのかさっぱりわからないままにずっときたのですが、コンサートの演奏は、これまでの概念を大きく覆すとても感銘深いものになりました。
 指揮者が、ブラームスの元の旋律と、シェーンベルクの「遊びの精神」の両方を持ち合わせ、アクセントをつけて
浮き立たせていかないと、こんなに楽しくはならなかったと思われます。作曲家ブラームスのファンである、シェーンベルクが、ブラームスフリークならではの、本人よりも本人らしいアレンジを、ウィットに富みながらやってしまった曲というのが印象でした。
指揮者イオン・マリンは初めて聴きましたが、
ウィーン国立歌劇場で4年間も研鑽を積んだり、2010年夏・ワルトビューネのベルリンフィル・ピクニックを指揮したり、定期的にロンドン響を指揮したりで、今後、有望な若手かもしれません。作曲家のシェーンベルクが、先輩作曲家で、ともすると、19世紀ドイツロマン派の保守的な作曲家と目されがちなブラームスの作品を、もののみごとに、覆し、ブラームス・ファンが聴けば、うれしくなるような作品に仕上げていました。シェーンベルクのいたずら精神が、見事に、ブラームスを新しく華麗に蘇らせていました。第2楽章なんか、チェロの長い6連符が延々続くところとか、それをクラリネットや、ホルンが引き継ぐところとか、ブラームスの、クラリネット5重奏や、ホルン3重奏を思わせましたし、パロディーのようにメロディーが次々と浮かんでくるのでした。ブラームスの頃とはずいぶん違う金管楽器の使い方も見られました。トランペットやトロンボーンに細かい旋律を吹かせたりもし、また最後のところでは、弦楽器のコルレーニョを使ったりもして、ブラームスが敬愛してやまなかった、ロマのハンガリア舞曲風・チャルダッシュ風にオーケストラ全体が華麗に躍動させてみたり、いたずらっぽく、ショスタコーヴィチなどのロシアの現代作品を思わせる打楽器なども、ほんの少しだけ登場させていました。ヴァイオリンとヴィオラとチェロのソロのところとか、弦楽四重奏曲のようでもありました。

ブラームス(1833年から1897年) ピアノ四重奏曲第1番ト短調作品25(1855年から61年作曲)のシェーンベルク編曲オーケストラ版(アメリカに亡命した1937年に編曲) オットー・クレンペラー指揮で1938年5月7日にロサンゼルスフィルで初演。(第二次大戦前、多くのユダヤ人音楽家が、アメリカに集まっていた頃、ロサンゼルスに、シェーンベルク、クレンペラーが活動していたというのは、とても注目すべきことだと思います。オケ奏者の多くもヨーロッパからロサンゼルスに流れてきていた事実もあります)2011年1月19日 東京・サントリーホール N響1月B定期第1693回 指揮イオン・マリン(ルーマニア出身・オーストリア)
テレビ放送も2月には予定されるでしょう。
参考になるブログ ピアノ四重奏曲シェーンベルク編曲に関する 

ブラームス ピアノ四重奏曲の参考ページ

ブラームス 参考ページ


Photo_2
ピアノ4重奏曲を作曲する直前の1853年ごろの若きブラームス

2011/01/20

寒い夜にあったまるカスレをいただきます

Kasure

温まる豆の煮込み料理「カスレ」をいただきました。
フランス南西部、中世都市の世界遺産「カルカソンヌ」のあるラングドック地方やトゥールーズの郷土料理
カスレは、寒い時にあったまる料理でした。百年戦争に起源を発するとても由緒あるお料理だそうです。
カスレとは、白インゲンマメに、トマトやセロリなどの野菜を鴨肉のコンフィと、粗挽きソーセージが入って、じっくりと煮込み、オーブンで焼き上げた、おばあちゃんが田舎で作るような煮込みの郷土料理です。特に鴨肉がとても柔らかく煮込んであり鴨肉の濃厚な味が、ハーブと共に、じっくりと味わえる食感で、豆がペースト状になった白いんげんが、一緒に味わうととてもよくあいます。ボリュームもあり、腹持ちもします。
サントリーホール裏にRANDYで、演奏会前には、ゆっくりできる気の利いたレストランです。しかも静かです。2200円でした。これは美味しかったので、ぜひ、家でも作ってみたいと思いました。
Burusuketta
前菜はきのこのエキスが油の中に溶け込んだ、きのこのブルスケッタにしました。600円

Muru
ほかに、ムール貝のワイン蒸し 山盛りになったフレンチフライとともにいただきます。
盛りつけられた深いお鍋も赤くてなかなか良いです。1500円

2011/01/19

福袋のようなボルドー12本セットです

Kibako_2

いきつけの、ワイン店ヴィノス山崎渋谷店から「極上ACCボルドーの見尽くし12本セット」を取り寄せました。
まあ、お正月あけの、福袋のようなもので、12本で格安です。木箱入りも魅力です。

1瓶目 シャトー・ラルジェンテイル2008 ACメドック・クリュ・ブルジョ・カベルネ メルロー
最初は花開いていない様子で、かたくなに閉じているという感じでした。味も薄いと感じられました。
ところが、1日おいて、コルクをぬくと、それは別物のように、香がかなりストレートにダイレクトに漂います。
オレンジピールとかカシスとか、フルーツのいろいろな香りと味が出てきました。これもおいしい。

2瓶目 シャトー・ディレム・ヴァランタン2007 ACマルゴー・クリュ・ブルジョワ・カベルネ メルロー なにか、すべての仕事とかを忘れてしまいそうな、誘惑するような香でした。
これは、まずは、香で、その後、ゆるゆるとしたまろやかさが漂います。
白いちじくとか、ラム酒漬けのドライフルーツにはまことによく合いました。

2011/01/18

金目鯛のカブラ蒸しです

Kabura
金目鯛のカブラ蒸し 780円

赤い目、赤い皮、ぷりぷりとした食感の魚 金目鯛
これを、すりをろした赤カブで蒸した、金目鯛のカブラ蒸し(780円)です。
みぞれのような柔らかいカブラが美味しいです。
しかもあまり塩辛くはなく、温かです。

下北沢 酒菜工房 斗(℡03-5432-0917)にて食しました。
ここは1つ1つの料理が気が利いていて凝っています。
美味しいです。ただし、部屋が暗すぎること、さらに接客への方向性は、?です。
せっかく美味しいのにちと残念ですが。

Takenoko
新筍の天ぷら 560円

Sarada
旬野菜のサラダ 出汁ジュレがけ 700円

Takikomi
土鍋の炊き込みご飯 1250円

2011/01/16

寒い日はあったかにホワイトシチュー

かぶとカキのクリームシチューを作りました。
寒い日は、あったかいシチューです、
子供の頃、母がよく作ったシチューを、思い出して冬になるとよう作ってみます。
きょうは、カキとカブが安かったので、使ってみました。
寒い冬の晩は、あったかいシチューが一番です。じっくりことこと作れば、簡単だし、第一相当美味しいです。
パンと少量の辛口白ワインがよくあいます。
Sityu

小麦粉と同量のバター、それに2倍の量の牛乳で、ホワイトソースを作りました。
少し玉が出来てしまいました。新じゃがいも、にんじん、たまねぎ それに、かぶを入れ、野菜
からスープをたくさん出し、カキをバターで焼いて、加えてみました。
翌日の朝も、野菜をたして、美味しいシチューになりました。

2011/01/15

ほんとに簡単なミネストローネスープ

Minesutorone_2
朝食用にミネストローネ・スープを作ってみました。冷凍の食材を使って、トマトジュースとコンソメで、たった5分で作ってしまいました。意外やさらっとしていて、美味しかったです。冷凍食材とは、マチハチニチロ食品の冷凍食品「すぐできるベーコンと野菜を食べるスープの具」です。158円でした。野菜はじゃがいも、キャベツ、いんげん、ブロッコリー、カリフラワー、にんじん、それにベーコンが入っていました。ミネストローネは、トマトジュース150cc、水150cc、コンソメ顆粒を一煮立ちして、冷凍食品の野菜を入れました。アクセントで、冷凍の鮭を入れてみました。これはイーオンのチリ産の冷凍で、便利。298円です。

2011/01/09

目移りする旅館の正月料理です。

Simodatyoshoku0101_6
  1月1日お正月最初の朝食です。

温泉旅館の正月料理です。
12月31日から1月2日までの、下田ビューホテルのメニューです。温泉ホテルのお料理込みのお値段内の料理は、
多数のお客のために、いっぺんに作ったようです。やはり見栄えが大切なのでしょう。
これだけの量だと、迷い箸にどんどんなってしまいます。
9品以上の料理がほんの少し筒ですが居並び、正月を演出してくれるのです。
これだけ品数が多いと、まさに、迷い箸になってしまうのですが、ちょっとづつで、
お腹はいっぱいになる量です。

初日31日
夕食膳で目立つのは、先付け、海鮮鍋など9品が並び、目玉は金目鯛の唐揚げ、舟盛りに伊勢エビ、金目鯛の寄せ鍋 鮑(あわび)
ホタテのウニソース
 1日の朝
朝から小さなお刺身、金目鯛の煮付け、おせちの定番の黒豆、数の子、きんとんなどが並び、
焼き餅、里芋、牛蒡の入ったすまし汁のお雑煮です。焼いた白身魚の寄せ鍋に茶碗蒸しが
付きました。
 1日の晩
金目鯛のしゃぶしゃぶ、魚や煮貝のちょっとした先付けに、伊勢エビのコキール、魚の煮付け、飛竜頭の胡麻ソース、
蛸(タコ)の山葵(わさび)漬け、それになんと、牛ステーキとサラダまでありました。

 2日の朝
おせちではなく、通常の朝食朝から鮪(まぐろ)の山かけ、鰺(あじ)の焼干物、蒲鉾、飛竜頭のみぞれ和え、
新鮮なシラス干し、焼き海苔に厚焼き卵。

要は見栄えがいいこと。満員のお客向けに、見栄えはいいのですが、
いちどきに調理しているので、正直なところ、印象的な料理は残念ながらありませんでした。
こういう正月料理をいただいたことは初めてでしたので、
見栄えを楽しむ、迷いを楽しむというところでしょうか?
Simoda1231yushoku_3
  12月31日の夕食です。
Simodayushoku0101_4
  1月1日の夕食です。
Simoda0102tyoshoku_3
  1月2日の朝食です。通常の料理になっていました。


2011/01/08

神保町の釜スープカレーうどん

Norabo_2

神保町の讃岐うどん店、野らぼーの釜スープカレーうどん(790円)です。
お品書きがとてもふるっています。
「カレーの町神保町についに登場。女性は美容健康、冷え症に 男性は食欲増進、日々の疲れに日頃野菜を食べれていない方に」今時の宣伝コピーとは思えぬ誠に、キッチュな文字が並びます。トッピングは、玉子天90円、とろ~チーズ150円です。玉子天は、半熟玉子のてんぷら、チーズはカッティングしたとろけるチーズでした。
ブロッコリー、さつまいも、とうもろこし、焼いたにんにくのスライス、舞茸、ほうれん草、ねぎ、プチトマトと確かに野菜はたくさん入っている。豚肉もある。自家製麺機の野らぼーのうどんは、腰があって、かなり美味しい。
カレースープは、かなりのピリ辛。うどんの出汁でわっていて、さらっとしているが、出汁の味はするという趣向です。

2011/01/05

初詣は川崎大師へ

Kawasaki1

1月3日川崎のコンサートの帰りに、初めて川崎大師に初詣に参りました。
川崎大師は、川崎駅近くにあると思っていたら、違いました。
川崎から小島新田行きの京浜急行の支線にのり、3つめの川崎大師駅で降りることを初めて知りました。
 お参りしたのが、もう夕方日が暮れた後だったので、電車はすいていましたが、反対方向は、初詣帰りの客で大混雑でした。
川崎大師前からは、川崎大師の門前町らしく、くず餅を自慢にする和菓子屋さんと手焼きのおせんべい屋さんが多く店を構えています。
川崎大師は、厄除け大師で知られ、880年前、1128年のの開山で、
真言宗智山派の大本山混合算金乗院平間寺(へいけんじ)といいます。
ご本尊は、真言密教の開祖、弘法大師空海です。
やはり商家の人々に慕われているので、商売繁盛の熊手や、繁盛を祈念するだるまを売るお店も健在です。
お参りをして、おみくじをひき、破魔矢を求める列が長く続いています。
昔からお参りの後には、露天商が多く並んでいます。
露天商も参道沿いに、ぎっしりと並びます。お好み焼きとたこ焼きのソースの焦げるいい香りが
鼻腔をくすぐり、お腹が空いてきます。幸せになりたい昔からのワンダーランドの様相でした。
平成23年もいい年でありますように。

Kawasaki2
2011年1月3日夕方18時頃の川崎大師です。すこしすいています。

Kawasakidaruma
縁起物のだるまを売るお店です。

Kawasakihamaya
破魔矢を求める人で混雑していました。

忘れられないベアルネーズ・ソース!

Sosu

ベアルネーズ・ソース、正式には、トルヌド・ベアルネーズといい、ステーキ肉の上に、かかっている典型的な仏蘭西料理のソースなのですが、面白そうなので調べてみました。
白ワイン、レモンジュース、エシャロットとタラゴンのハーブ、溶かしバター、卵黄をミキサーにかけて
マヨネーズ状にしたソースだそう。ちょっと酸っぱく、しかも、濃厚なバターと卵黄の混ざったこってり感がありました。
バターと卵黄を使うのでダイエットにはよくなさそうです。同じソースは、ホタテの網焼きでも使われていました。

おはらス・レストラン(五反田の住宅街の地下に静かにあります)
こちらでは、比婆牛いちぼ肉のステーキにベアルネーズソースを添えてありました。
スープは、冷製 羊蹄山山麓 京極町産 にんじんのスープです。ビシソワーズのにんじん版で、
ミルクがお味をソフトにしています。
魚料理は、ホタテ貝柱の網焼きで、下の赤いのはビーツを千切りにしてホタテ貝をもり立てています。

なお、現在、ダイエット中ですが、フレンチ・レストランは、11月にランチに行ったときのものです。
なんともベアルネーズ・ソースを忘れられず、メモにしました。ダイエットが終わり早くまたいただきたいものです。

Sosu2
ホタテの網焼き ビーツ添え ベアルネーズ・ソース

Sosu3
冷製 羊蹄山山麓 京極町産 にんじんのスープ とても甘いにんじんです。

2011/01/04

初コンサートは、弦楽おせち

2011年初コンサートは、1月3日、ミューザ川崎コンサートホールで、東響弦楽メンバーによる
「MUSAニューイヤーコンサート2011 初春”弦楽”おせち料理」と銘打ったコンサートでした。
コンサートマスターの大谷康子さんのプロデュースによる、おせちのように、いろいろな弦楽アンサンブルを
散りばめた、ごちそうです。
曲目は多岐にわたっているので、下記に列記しておきました。
収穫だったのは、ヴィヴァルディ(1678~1741)の調和の霊感作品3(1711年作曲・出版)から4つのヴァイオリンと、2つのヴァイオリン協奏曲ヴィヴァルディは決して、簡単に弾ける音楽ではなくて、伶俐な刃物が、ぴかっと光るかのような、硬質な美しさを感じるものだなと78思ったこと。ヴィヴァルディと、ロッシーニ(1792~1868・vcとcbのための二重奏曲1824作曲)を続けて聴くと、両者は113年も作曲年第が異なるのに、むしろ、共通点があると思ったこと、つまりは、イタリアン・ファッションのような、細身のスタイリッシュなところがとても似ていると思いました。

 後半は、弦楽アンサンブルによる、グリーグのホルベルク組曲、芥川の弦楽のための3楽章、ドヴォルザーク、チャイコフスキーの弦楽セレナードをいっぺんに演奏したことが、出色でした。、これらの曲は、自分でもオーケストラで、弾いたことがあるのですが、まず、席を片付けて、奏者たちが、チェロを除いて、立って演奏したことです。演奏者たちが、指揮者なしだと、かごから放たれた小鳥のように、とても、素敵に自由闊達に、音が、客席に飛び込んできました。
 指揮者がいると、全体がまとまりやすく、細かなニュアンスもよく出してくれる、けれど、奏者のもともともっている音楽性が、どこか押さえられているというところを、今回、指揮者なしのコンサートで、強く思いました。
芥川也寸志の「弦楽のための三楽章」は、ショスタコーヴィチを意識した曲で、指揮者なしの能動的な奏者の姿勢がよくでて、とてもよかったです。グリーグ、ドヴォルザーク、チャイコフスキーの弦楽セレナードは、弦楽器奏者の室内オーケストラにとってとても大切な曲ですが、プロの奏者たちは、弦楽アンサンブルになると、意志の統一と、音楽の方向性を決めると、がぜん魅力を発揮してくれると思いました。このような指揮者なしというのは、プロ奏者たちの日頃から思い描いている気持ちが、ストレートに音に、出てきていました。

Gengakuoseti

【曲 目】
ヴィヴァルディ:四つのヴァイオリンのための協奏曲 RV580
(ヴァイオリン:廣岡克隆、小林亮子、清水泰明、坂井みどり チェンバロ:広沢麻美)
ヴィヴァルディ:二つのヴァイオリンのための協奏曲 RV522
(ヴァイオリン:木村正貴、福留史紘 チェンバロ:広沢麻美)
ロッシーニ:チェロとコントラバスのための二重奏曲
(チェロ:西谷牧人、コントラバス:笠原勝二)
ハルヴォルセン:ヴァイオリンとヴィオラのためのパッサカリア
(ヴァイオリン:大谷康子、ヴィオラ:青木篤子)
サラサーテ:ナヴァラ Op.33
(ヴァイオリン:大谷康子、田尻順)
グリーグ:組曲「ホルベアの時代」より前奏曲
芥川也寸志:弦楽のための三楽章より第1楽章
ドヴォルザーク:弦楽のためのセレナードより第1楽章
チャイコフスキー:弦楽のためのセレナードより第1楽章
アンコール モンティのチャルダッシュ

2011/01/03

下田の回転鮨で金目鯛をいただきました

金目鯛480円、平目、鱸(すずき)勘八(かんぱち)真鯛、イサキ、鰺(あじ)、稚鰤(わらさ)秋刀魚、生しらす、桜海老。地ものの魚を、下田漁港のせりで、競り落としてくる、下田にぎりの太助 なんと魚屋の回転寿司です。
金目鯛は、脂がのっていて、とろっとしています。魚のなまぐささはぜんぜんありません。生しらすも、桜海老も美味です。
とろもとても新鮮そのもので、きれいな色。鯛はプリっとしています。下田の駅前、5人でビールやお酒も飲んで全部で14170円でした。ここは、めっけもんの美味しいお店でした。

Kinme2
赤くてとてもきれいな金目鯛2貫。430円!

1
金目鯛が回転台で登場です。

Kinme3
こちらは金目鯛のたたきです。お安いです。180円!

Kinmee4
下田港のせりの権利が高らかに書かれている「にぎりの太助」です。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ