フォト

最近のトラックバック

« ラ・テールのクリスマスケーキは相当美味しい | トップページ | 野田岩のまぶしをいただきました »

2010/12/26

野田岩でクリスマスの夜鰻をいただきました。

Nodaiwa3
野田岩のこれが鰻丼です!


下北沢のとびっきり美味しい鰻屋「野田岩」は、さすがに、クリスマスの夜はすいていました。並ばないですぐに入れました。
中には、2組の会食客。隣の1組は、4人連れで、英国人と日本人の奥様、それに日本人夫婦で、60歳ちょっと前くらいの年格好、どうも仙台の国立大学の学者先生と、グラスゴーの学者という風情。
面白そうな話が聞こえてきて、ついつい耳をそばだててしまいました。
「中部国際空港に着陸するときに、常滑の海岸沿いは、コートダジュールよりも海岸線が素晴らしい」とか、「秋田に土地を購入して暮らす」だとか、日本を外からみると、たぶん、東京だけでなくて、グローバルに広くみられるのでしょう。赤のワインに、男性が鰻重、女性が鰻丼で話が進んでいます。学者っていいなあ、とても自由でいて、しかも自分の専門分野があれば、どこにでも行けてと心底うらやましいと思いました。
ここの鰻重と鰻丼は、、鰻丼のほうが、ご飯の量が多めなのです。だから、男性女性注文が逆のような気がお節介ながらしました。
 私の注文したのは、鰻丼のコースです。先付けは、鰻の南蛮漬けと、煮こごり、もづく、茶碗蒸し、白焼き、鰻丼 デザートまであり、林檎のコンポートとアイスクリームがついていました。白焼きは、ほんのりとして、塩と醤油と山葵と共に。鰻は、鰻丼に限るとずっと思っています。なにか、たれのかかったごはんをかっこむのは、無上の幸せです。たれは、ちょっと辛いですがくせがなく、美味しい。山椒もとても新しく、鰻とよく合います。
贅沢な会話をお聞きしつつ、美味しい鰻をいただいてしまいました。白ワインは、甲州淡しむらさき2009年グラスで600円であり、白は辛口でしかも軽くよく白焼きに合いました。赤ワインは、シャトーメルシャンの無濾過メルロー マスカットベリーA2007年であり、
国産とは思えないほど、赤は少し若いですが、香りも素晴らしく、鰻丼によく合いました。
きょうは、なんとなかなか食べられない肝焼きも食することが出来ました。温めた容器に入って出てくる丁寧さと、あまり辛すぎなくて上品なたれとともに、鰻の生臭さも消されており、相当に美味しいものでした。


Nodaiwa0
下北沢野田岩。駅前なのに、やはり風格があります。表に生きた鰻がいました。

Nodaiwa1
先付けは、鰻の南蛮漬け(エスカベッシュ)と煮こごり、それにもづく酢。

Nodaiwa4
野田岩の肝焼きは初めて食べることが出来ました。

« ラ・テールのクリスマスケーキは相当美味しい | トップページ | 野田岩のまぶしをいただきました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82460/50401180

この記事へのトラックバック一覧です: 野田岩でクリスマスの夜鰻をいただきました。:

« ラ・テールのクリスマスケーキは相当美味しい | トップページ | 野田岩のまぶしをいただきました »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ