フォト

最近のトラックバック

« 中国三千年の宮廷料理をいただく2 | トップページ | 名代まつやのきつねそばと小田巻蒸し »

2006/09/25

中国三千年の宮廷料理をいただく3

Aroe

みなさま だいぶ おなかの方は、いっぱいになってきましたでしょうか?
●アロエとギンナンの煮込み
アロエは古代エジプトのパピルスにも登場。ギリシア本草にも薬効の記載があり、
中国へ8世紀にシルクロードを経由してやってきた。胃の浄化、健胃 消化促進 便秘 外用して関節痛 筋肉痛 ヒビ あかぎれ いぼ にきび高血圧 尿道園などの炎症性疾患 高血圧 糖尿病 インスリン様の血糖値降下作用これは、とろりとしたふかひれスープみたい。でも、不思議にも、アロエは透明で、葛のような食感。

●デザート 
 アイスクリームの唐揚げです。バニラとチョコレートが、ちょうど、月餅のような皮でさらっと揚げてありそれを
時間をおかずにいただくという趣向でした。別の方がいただいた サンザシのプリンです。
さて肝心のお値段ですが、これで全部で、紹興酒を飲んで、一人一万円くらいでした。
感想それにしても、 中国の宮廷料理は、ずっと前からコラーゲンとかとっていた。しかも
カロリーのない、しかも、栄養価のある料理は、どれ一つとして、味が全部違うしだいいち飽きることがありませんでした。油っぽいベタベタさがまったくなく、さらりとしているのに、味が深い。なんか、ブーケが体をかけめぐるようなお料理でした。こういうものが、東京・赤坂で食べられるなんてすごいでしょ。お付き合いいただきありがとうございました。写真は左から、アロエ、アイスクリームの唐揚げ、サンザシプリンです。これでおわりです。ご馳走様でした。
Aisu
Sanzasi


« 中国三千年の宮廷料理をいただく2 | トップページ | 名代まつやのきつねそばと小田巻蒸し »

コメント

素敵なお料理のお話ですね。
赤坂にあるお店ですか。

健康によさそうな・・・

とりあえずはこのコメントが届きますように。
「送信」と言うのが日本語になったので大丈夫かと思いますが。

この前までは送信にあたるところをクリックしても行かなかったのですが・・・
(一度は成功しているのに)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82460/12035934

この記事へのトラックバック一覧です: 中国三千年の宮廷料理をいただく3:

« 中国三千年の宮廷料理をいただく2 | トップページ | 名代まつやのきつねそばと小田巻蒸し »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ