フォト

最近のトラックバック

« ラ・フォル・ジュルネのタペストリー | トップページ | THE有頂天ホテルを観る »

2006/02/06

一年ぶりにカツ丼を食す

katudon
銀座の「梅林」でスペシャルかつ丼をいただきました。よく外国に取材にいった折りに、日本食の話が出ます。一番食べたいものはいったい何だろう?絶対に食べることが出来ないかのちにおいて、みんなで真剣に話をします。そんなときに、一番人気?なのが、かつ丼です。警察の取り調べで、刑事が「かつ丼でも食うか?」というのに似ている状況です。
 ぼくは、体の事情で、この1年ほどかつ丼を封印してきたのですが、どうしても食べたくて、今日いただいてしまいました。ゆっくりゆっくり、ひとはし目を口に含むとじんわりとくる甘さと醤油の香ばしさのメロディーにのった、豚カツの味わい。
梅林は、注文を聞いてから、職人さんが、めうちで、肉を叩き、穴を開けてから、作業します。
梅林の職人の手による慈愛に充ち満ちたかつ丼をすこしずつすこしづつほぐして、食べました。ぼくは結局やはり、かつ丼が一番好きなんだろうなと思いました。bairin


« ラ・フォル・ジュルネのタペストリー | トップページ | THE有頂天ホテルを観る »

コメント

おいしそうですね。
この夏は是非食べに行ってみたいと思います。
「かつ」ってなんだか私も大好きです。
でも太るのてきめんだからほとんど食べないんですけれど。

私もじっくりと一口一口味わうことになりそうですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82460/8540868

この記事へのトラックバック一覧です: 一年ぶりにカツ丼を食す:

« ラ・フォル・ジュルネのタペストリー | トップページ | THE有頂天ホテルを観る »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ